AGAラボTOP > AGA治療方法選びのポイント

  • AGAについて
  • 早めの対策が克服のカギ
  • 治療方法選びのポイント

AGA治療方法は頭髪状況に応じて決める

AGA治療はフィナステリド(プロペシア)、ミノキシジルの処方が基本ですが、薄毛の進行具合によって効果的な治療方法が異なります。

どんなAGA治療を受ければいいか迷っている人は、まず自分の頭髪状況を確認してください。

確認方法は「ハミルトン・ノーウッド分類」(下記図)と呼ばれる、アメリカのハミルトン医師がAGAの進行パターンを7つのステージに分類したものを利用します。

ハミルトン・ノーウッド分類図
ノーウッド
分類レベル
薄毛状況(症状) 治療方法 治療内容詳細
Ⅰ型 薄毛、AGAが始まっていないか、始まっていても気付かない程度の人。 何もしない
育毛シャンプー
育毛剤
将来に備え一応頭皮ケア
Ⅰ型
Ⅱ型
Ⅱ Vertex型
抜け毛が気になる
AGAかもしれない人。またAGAの進行が始まった人。
育毛シャンプー
育毛剤
フィナステリド
ミノキシジル
育毛シャンプーや育毛剤で頭皮ケアをしながらフィナステリドで現状維持、ミノキシジルで発毛促進
Ⅲ型
Ⅲ Vertex型
Ⅳ型
薄毛、AGAが進行している人。
既にAGAと診断され、プロペシア、ミノキシジルなどのAGA治療を行っている人。
フィナステリド
ミノキシジル
HARG療法
フィナステリド、ミノキシジルである程度発毛する場合は十分だが、発毛効果が不十分だったり、効果が出ない人はHARG療法を併用するのが効果的。HARG療法とミノキシジルで満足出来るところまで発毛したら、フィナステリドで発毛した毛髪が抜けないように予防。
Ⅴ型
Ⅵ型
Ⅶ型
毛髪が全くない部分がある人。 かつら、植毛 フィナステリド、ミノキシジル、HARG療法でも発毛を期待出来ないことはないが、満足がいく程の発毛効果を得ることは難しい。毛母細胞を移植して発毛を促す植毛か、すべてを隠すかつらを。

AGA投薬治療が効果的なのはノーウット分類Ⅲ型まで

上の表でもわかるようにフィナステリド、ミノキシジル処方という投薬によるAGA治療方法が最も効果的なのは、毛母細胞が生きている可能性が高いノーウッド分類Ⅲ型位までと言われています。

もちろん、人によっては投薬治療という方法を選んでも見事な発毛効果を得る人もいますが、早い段階で治療を受けた人よりは効果が出にくいと言われています。効果が出るまでの期間も長くなる傾向があります。内服薬による投薬治療は早い人で3ヵ月、多くの人が半年程度で髪の毛の変化や発毛効果を得るといわれていますが、進行した薄毛は効果を実感するまでの期間も長くなるのです。

Ⅴ型以上になると毛母細胞が死んでいる可能性が高いので、投薬治療では納得のいく発毛効果を期待することが難しくなり、植毛や増毛といった治療方法の方が効果的なことが多いようです。AGA治療はなるべく症状が軽い段階で早めに行うのが効果的です。

>>AGA治療を専門病院で受けた方がいい理由<<

このページの先頭へ
AGAセルフチェック
AGA遺伝子検査