AGAラボTOP > AGA遺伝子検査体験記|AGAドック

  • AGAについて
  • 早めの対策が克服のカギ
  • 治療方法選びのポイント

AGAドックでAGA遺伝子検査

AGAドック

AGAドックは12,600円

「AGAドック」を使用したAGA遺伝子検査体験記です。

病院で2万円以上かけて行うしかなかったAGA遺伝子検査を12,600円で、しかも自宅で行えるという「AGAドック」を実際に使用してAGA遺伝子の有無を検査してみました。

※体験時の価格です。2014年4月以降は消費税価格改定に伴い12,960円(税込)となっています。

※体験口コミはあくまで個人の感想なので、すべての人が同じような効果、感想になるとは限りません。また同じように使用した場合でも感じ方、考え方、効果には個人差があります。

細胞採取から送付までが30分以内

ネットで注文→中身が知られない無地梱包で送付されてきます

AGAドック開封写真

無地封筒を開けるとこんな感じ

ネットで注文すると、無地の封筒で、伝票の品名には「雑貨」と記載され送られてくるので、誰にも知られる心配がありません。

値段は12,600円。男性用と女性用に分かれているので間違わないようにしましょう。

検査申込書・AGAチェックシート・AR遺伝子検査同意書に記入

AGAチェックシート

AGAに関するアンケート

検査申込書は住所、氏名などの基本的な申込内容を記入します。

AGAチェックシートは親族に薄毛がいるとか、抜け毛が気になるとか、生活習慣がどんな感じかといった薄毛に関するアンケート内容です。

AR遺伝子検査同意書は、自分の遺伝子内容を検査機関に閲覧されることに同意しますという同意書です。個人情報保護ガイドラインにそってしっかり守られているので安心です。

※AGAドックのAGA遺伝子検査は何歳でも検査可能ですが、18歳未満の場合は同意書に決定代理人(親など)の署名が必要です。

カルポーター(綿棒)で検査用試料(細胞)を採取

カルポーター(綿棒)

先端の綿部をほおの内側にこすりつける

付属のカルポーター(綿棒)を口の中に入れ、ほおの内側に綿部強く押し当て、「ほおの内側の細胞」をしっかりと綿部全体に採取できるよう20回程回転させます。反対側のほおも同じようにして細胞を採取します。

採取したらカルポーター(綿棒)の綿部を室温で10分ほど放置し乾燥させ、乾燥後ケースに入れてキャップをして終了です。

付属の返信用封筒に入れて返送します

返信用封筒

返信用封筒に梱包して返送

検査申込書、AGAチェックシート、AR遺伝子検査同意書、カルポーター(綿棒)を付属の返信用封筒に入れて検査機関へ返送し終了です。

もちろん送料無料です。封筒には自分の住所氏名等の必要事項を明記するだけで、あとは約2〜3週間待てば検査結果が申込書に記入した返送用住所に送られてきます。

送られてきたAGAドックを開封してから、返送用封筒梱包まで、トータルタイム30分もかかりませんでした。

検査には有効期限があるので注意!

AGAドックには検査有効期限があります。期限までに検査試料(細胞)を採取し検査機関へ返送しなければいけないのです。期限を過ぎてからの返送は有料(8,400円)となります。AGAドックを購入後、箱も開けずにそのまま放置していたりすると、開けた時には検査有効期限が過ぎていた…なんてこともあるので、購入後はなるべく早く検査機関に返送しましょう。

>>AGA遺伝子検査結果報告

>>自宅で簡単AGAドックの詳細はこちら<<

このページの先頭へ
AGAセルフチェック
AGA遺伝子検査