AGAラボTOP > フィナバルドを個人輸入で入手する際の注意点

  • AGAについて
  • 早めの対策が克服のカギ
  • 治療方法選びのポイント

フィナバルドの通販は個人輸入代行業者から

フィナバルドは、国内の薬局などで購入する事はできません。購入するためには個人輸入、もしくは個人輸入代行サイトを利用することとなります。薬事法でも個人で使用するのであれば日本国内で認可を受けていない医薬品であろうともその輸入と使用は認められているのです。

ただし、実際に個人で輸入するとなるとそこには輸入に関することだけでなく外国語に関する理解も必要となります。ですから、結果的には個人輸入代行サイトを利用して購入するのが一番楽。輸入や外国語の知識がなくても、普通の通販サイトと同じ感覚で購入することができるのです。

フィナバルドを一度に輸入できる量は、1mg錠剤であれば一度に30錠までOKとされています。ただし、営業目的ではないことを地方厚生局に届出を出していれば、これ以上の量での個人輸入が可能となります。

また個人輸入では、日本での薬品の分類によって輸入しても良い制限量というのがあります。フィナバルドは処方せん医薬品に分類されますので、用法用量からみて1ヶ月以内の分量であれば輸入可能となっているのです。

フィナバルドを個人輸入で通販する際の注意点

個人輸入もしくは個人輸入代行サイトを利用してフィナバルドを購入。

それが粗悪品や偽物だった場合、健康になんらかの悪影響を及ぼす事もありえます。ですが、これらの責任は全て自分一人で背負うものとなりますので、個人輸入する際には注意しなければいけません。

個人輸入は何が起きてもすべて自己責任です。

>>AGA治療薬を個人輸入で購入する際の注意点

このページの先頭へ
AGAセルフチェック
AGA遺伝子検査