AGAラボTOP > フィナステリドの効果

  • AGAについて
  • 早めの対策が克服のカギ
  • 治療方法選びのポイント

AGA治療に効果的なフィナステリド

AGA(男性型脱毛症)の治療には、民間療法、育毛剤、サプリメント等の様々な治療法が存在しますが、近年、飲むタイプの治療薬「フィナステリド」の登場によって、AGA治療の主流はフィナステリド処方という流れになっています。

フィナステリドは本来前立腺肥大や前立腺ガンの治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として異常発毛が起きたことから発毛剤としての用途が広がりました。

フィナステリドにはAGA(男性型脱毛症)の原因と言われるジヒドロテストステロン(DHT)を生成する2型5αリダクターゼの働きを防ぐ効果があると言われ、フィナステリドの服用によってAGAの進行抑制や薄毛・抜け毛の改善効果が期待されるようになりました。

フィナステリドというのは成分名で、プロペシアフィンペシアプロスカーフィンカーフィナロという名前のAGA治療薬として発売されています。どれも同じフィナステリド主成分のAGA治療薬ですが、製造元やフィナステリド含有量が異なり、入手方法も異なります。

当サイトのAGA治療体験では、フィナステリド処方を含む治療を開始して2ヶ月ほどで、あきらかに髪のボリュームアップが見られました。

フィナステリドの効果的な使用方法

AGA(男性型脱毛症)治療の際の推奨フィナステリド量は1日1mgと言われています。

フィナステリド含有薬「プロペシア」の場合、1錠あたり1mgのフィナステリドが含有されているので、1日1回経口服用するのがもっとも効果的な使用方法です。

量を増やしても効果は一定で、副作用の危険性が高まるだけなので、使用用量はしっかり守りましょう。

フィナステリドの入手方法

フィナステリドは病院で処方してもらうか、個人輸入で海外から購入する2つの入手方法があります。

個人輸入で入手する場合は、個人輸入代行業者などを利用するのが一般的ですが、何か問題が起きた場合全て自己責任となるので、あまりオススメしません。どうしても個人輸入で入手したい場合は、信頼出来る個人輸入代行業者を選ぶことが大事です。

>>AGA治療薬を個人輸入で購入する際の注意点

このページの先頭へ
AGAセルフチェック
AGA遺伝子検査