AGAラボTOP > フィンペシアの効果

  • AGAについて
  • 早めの対策が克服のカギ
  • 治療方法選びのポイント

プロペシアのジェネリック医薬品フィンペシア

フィンペシアとは、プロペシアのジェネリック医薬品です。

インド第二の製薬メーカー「シプラ(Cipla)社」製のフィンペシアは、プロペシア同様、経口タイプのAGA治療薬で、1mgのフィナステリドを含みます。

プロペシアと同等の効果ながら、プロペシアよりも価格が安いということで、最近日本ではフィンペシアの方が人気ですが、プロペシア同様、AGA(男性型脱毛症)の進行を遅延させる働きがあるだけなので、服用を止めると再び薄毛が進行します

正規品のプロペシアよりもわずかに効果が劣ると言われていますが、少なくとも9割〜8割ほどの効果はあると言われています。

フィンペシアの効果は人や、その薄毛の症状によって違いますが、3ヶ月〜6ヶ月と言われ、これ以上かかる人もいると言われています。

日本では未認可の薬なので、使用の際は自己責任となります。

フィンペシアの効果的な使用方法

AGA(男性型脱毛症)治療の際の推奨フィナステリド量は1日1mgと言われています。

フィンペシアには1錠あたり1mgのフィナステリドが含有されているので、1日1回経口服用するのがもっとも効果的な使用方法です。

量を増やしても効果は一定で、副作用の危険性が高まるだけなので、使用用量はしっかり守りましょう。

フィンペシアの入手方法

フィンペシアは日本では未認可の薬です。病院によっては処方してくれる病院もあるようですが、主に個人輸入で海外から購入します。

個人輸入で入手する場合は、個人輸入代行業者などを利用するのが一般的ですが、何か問題が起きた場合全て自己責任となるので、あまりオススメしません。どうしても個人輸入で入手したい場合は、信頼出来る個人輸入代行業者を選ぶことが大事です。

フィンペシアの料金

フィンペシアの人気の秘密はその安さです。

プロペシアのジェネリック医薬品の為、プロペシアの半分以下の値段で購入出来ます。

個人輸入代行業者によっても値段はバラバラなので、幾つかの代行業者を比較するのがいいでしょう。どちらにしてもプロペシアよりもかなり安いです。

業者によって異なりますが、1ヶ月分のフィンペシアが約2,000円プラス送料という感じなので、最低でも6,000円以上はするプロペシアとの差は歴然です。

>>フィンペシアを個人輸入で購入する際の注意点

このページの先頭へ
AGAセルフチェック
AGA遺伝子検査