AGAラボTOP > フィンペシアの効果 > フィンペシアの初期脱毛

  • AGAについて
  • 早めの対策が克服のカギ
  • 治療方法選びのポイント

フィンペシアの初期脱毛とは?

フィンペシアの服用を開始すると、急に抜け毛が増えるといった現象が起きる場合があります。これを、初期脱毛といいます。

フィンペシアを服用した途端に抜け毛が増えるのでほとんどの人が驚いて、薬が自分に合わないと思い薬の使用を止めてしまう人もいるようです。

初期脱毛とはフィンペシアを服用後、3.4週間目から約7〜10日間程抜け毛の量が増える現象をさします

フィンペシア服用者全員に起きるわけではありません。毛髪の抜け方も髪の密度が一気に減るような脱毛ではなく、微妙に抜け毛が増えたかな…って程度で、長くても10日間程でおさまると言われています。

初期脱毛は治療効果がある証

初期脱毛が起きる理由は、ヘアサイクル(毛周期)の退行期に差し掛かっている毛髪が、新しい毛髪の生成準備の為に抜けるからと言われています。

ようするに、初期脱毛は新しい毛髪を生成する為の準備というわけです。

よって、初期脱毛が激しい人の方が、新しい毛髪を生成する準備が出来ているということなので、初期脱毛がない人よりもAGA治療の効果があると言われています。

注意が必要な初期脱毛

10日以上脱毛が続く場合

初期脱毛が起こる期間は長くても10日間程度と言われており、それ以上の期間脱毛症状が続くようだと、フィンペシアによる異常が考えられるので医師への相談が必要です。

激しい脱毛の場合

通常の初期脱毛は、微妙に抜け毛が増えたかな?って程度の脱毛なので、髪の密度が一気に減るような激しい脱毛の場合は、異常脱毛の可能性があるので医師への相談が必要です。

このページの先頭へ
AGAセルフチェック
AGA遺伝子検査