AGAラボTOP > 男性型脱毛症診療ガイドライン

  • AGAについて
  • 早めの対策が克服のカギ
  • 治療方法選びのポイント

男性型脱毛症診療ガイドラインを活用してAGA治療

日本皮膚科学会が発表した男性型脱毛症診療ガイドラインとは、

AGA(男性型脱毛症)の効果的な治療方法をそれぞれの推奨度に分けたものです。

このガイドラインが発表されたことにより、どの治療方法を選択すればいいか迷ったり、効果のない治療方法を高額料金を払って続けたりしなくて済むようになりました。

では、本当に男性型脱毛症診療ガイドラインの通りに治療を行えば薄毛を克服することが出来るのでしょうか?

男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)詳細

治療方法 推奨度の分類 推奨度
ミノキシジル外用 男性 行うよう強く勧められる A
女性
塩化カルプロニウム外用 男性 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない C1
女性
t-フラバノン外用 男性 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない C1
女性
アデノシン外用 男性 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない C1
女性
サイトプリン・ペンタデカン外用 男性 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない C1
女性
セファランチン外用 男性 根拠がないので勧められない C2
女性
ケトコナゾール外用 男性 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない C1
女性
フィナステリド内服 男性 行うよう強く勧められる A
女性 行わないよう勧められる D
植毛 自毛 行うよう勧められる B
人工毛 行わないよう勧められる D

ガイドラインを参考に自分に合った治療を

男性型脱毛症診療ガイドラインは、薄毛治療をしたいけど何から始めればいいかわからないという人にとって心強い指針となるでしょう。

しかし、頭皮、薄毛の状態は人それぞれ異なり、同じ治療でも効果がそれぞれ違ってきます。人によっては効果があるものが、人によっては効果がなかったりするのです。ガイドラインを鵜呑みにせず、自分に合わないと思ったら他の治療方法を模索することも時には必要でしょう。

しかも、男性型脱毛症診療ガイドラインは、現時点で研究論文が存在するものを基準に選定されているので、論文がないものは推奨度が低くなっているのです。この場合、どうしても医薬品が有利です。研究論文がないので推奨度は低いが、実は効果があるといった治療方法が存在する可能性があるということです。

どんな治療方法を選んだとしても、男性型脱毛症診療ガイドラインの推奨度を闇雲に信じることはせず、最終的には自分自身に合っているかどうかで判断するようにしましょう。

このページの先頭へ
AGAセルフチェック
AGA遺伝子検査