AGAラボTOP > HARG療法 > HARG療法の効果と問題点

  • AGAについて
  • 早めの対策が克服のカギ
  • 治療方法選びのポイント

HARG療法の発毛効果

日本ではまだ臨床例が少ないので体験者の口コミも少なく、病院側の発表した発毛効果しかないのが現状です。

病院の発表によると、効果は治療後すぐに現れるようですが、頭髪の成長がひと月1cm程度なので、強く実感出来るまでには平均して4回(3〜4ヶ月)程度の期間が必要と言われています。

早期治療の人だと3回目以内で効果を実感出来る人もいるようですが、逆に薄毛が進行している人の場合、6回以上治療が必要な場合もあるようです。

治療回数を増やしても、それほど効果は変わらない可能性もあるということなので、なるべく早めに治療をするのが効果的です。

HARG療法の問題点

痛み

かなりの痛みを伴うようですが、体験者の話では、月イチなら耐えられる痛さとのこと。1回の痛さはさほどですが、何百発と打たれるので辛いという報告もあります。注入方法によって痛みは変わってくるようなので、痛みに弱い方は病院で相談してみましょう。

料金が高い

1クール約60万円はかなり高額です。人によってはその後のメンテナンスで2ヶ月おきに8万円程かかる場合もあるようです。

生物製剤なので感染症の危険性があります

女性の腹部の脂肪幹細胞から抽出した成長因子を注入する治療方法なので、生物製剤を使用する感染症の危険性があります。

様々な検査やガンマ線によって殺菌を行なった非常に安全性の高いものでHIVや肝炎といった感染症の可能性はないとは言うものの、今後10年、20年後に未知の感染症が現れる可能性は否定出来ません。

臨床例が少ないのと歴史が浅いので長期的に考えた際に不安

未知の感染症が現れる可能性は否定出来ません。未だ公的な認可が下りていない療法なので、施術前に医者と患者間でそういう段階のものだという事を納得した上で誓約書を書いてから施術する場合もあるようです。

ガンの人や抗がん剤治療等での薄毛の人は受けることが出来ません

成長因子はガン細胞をも成長させ、ガンを進行させるおそれがあるので、ガンの人はHARG療法を受けることは出来ません

生きた毛穴がない人は受けることが出来ません

HARG療法は休止期の毛母細胞を刺激するので、生えていなくても休止期の毛穴があることが前提となります。毛穴がなかったり、あっても死んでいたら成長因子を注入しても無意味です。

HARG療法を受診可能な病院

HARG療法は、日本医療毛髪再生研究会から認定証を発行された医院のみ施術可能です。

HARG治療センター(新宿)

新宿にあるHARG療法専門病院「HARG治療センター」は、日本医療毛髪再生研究会の会長であり、HARG療法の生みの親である福岡院長が運営している病院なので、症例数も多く、信頼度も高いです。

当サイトでもHARG治療センターの無料カウンセリングに行って、よくわからないHARG療法のことを色々聞いてきました。わかりやすく丁寧に教えてくれるので、悩んだら無料カウンセリングで気軽に相談してみましょう。

>>HARG治療センターの無料カウンセリング体験

このページの先頭へ
AGAセルフチェック
AGA遺伝子検査