AGAラボTOP > ロニテンの発毛効果

  • AGAについて
  • 早めの対策が克服のカギ
  • 治療方法選びのポイント

生え際に効果的な服用タイプミノキシジルのロニテン

ロニテンは、ロゲインやリアップのような塗布タイプのミノキシジル含有薬ではなく、服用タイプ(飲むタイプ)のミノキシジル含有薬です。

塗布タイプと違い、頭頂部だけでなく、生え際やM字部分といった前頭部にも発毛効果を発揮すると言われており、その高い発毛効果から人気が非常に高いです。

ミノキシジル5mgと10r含有の2種類があり、男性専用です。

10r、1本100錠で大体14,000円程と言われています。

ロニテンの発毛効果

ロニテンを含む内服タイプのミノキシジル含有薬は塗布タイプとは比べものにならない発毛効果を発揮するようです。

頭頂部はもちろん、

ミノキシジルが苦手とされる前頭部、生え際部分への発毛効果がある

と言われています。

ロニテンにはタイ製のジェネリック医薬品としてミノキシジルタブレットがあり、現在はこちらのほうが人気と言われています。

ロニテンの効果的な使用方法

フィナステリドとの併用が効果的

ミノキシジルで発毛を促進し、フィナステリドで脱毛を防止という攻撃と防御の組み合わせが最強と言われています。

1日2回、1回1錠を朝と夜の服用と言われていますが…

10rは高濃度なので、半分の5mgに分けて飲む人も多いようです。

元々高血圧患者への血圧を下降させる薬なので、血圧が低い人の場合、

就寝前の服用は非常に危険

そういう場合、10rを朝1回だけ服用しているという人もいるようです。

血液中のミノキシジル濃度が一定に保たれるからという理由で朝晩2回という人が多いようですが、5mgと10rがある上に、その人の身体の状態によって変わってくるので、服用の際は医師に相談するようにしましょう。

ロニテンの入手方法

ロニテンは病院で処方してもらうか、個人輸入で海外から購入するという2つの入手方法があります。

個人輸入で入手する場合は、個人輸入代行業者などを利用するのが一般的ですが、何か問題が起きた場合全て自己責任となるので、あまりオススメしません。どうしても個人輸入で入手したい場合は、信頼出来る個人輸入代行業者を選ぶことが大事です。

病院で処方してもらう場合でも、認可されていない薬なので自己責任で服用する旨の誓約書へ署名を求められる場合があります。それほど危険な薬だということを認識しましょう。

ロニテンの料金

個人輸入代行業者によっても値段はバラバラなので、幾つかの代行業者を比較するのがいいでしょう。

業者によって異なりますが、ロニテン5r100錠入り1本が約10,000円プラス送料10r100錠入り1本が約14,000円プラス送料です。数本セット販売等の場合はもっと安くなる場合もあるようです。

>>ロニテンを個人輸入で購入する際の注意点

このページの先頭へ
AGAセルフチェック
AGA遺伝子検査