AGAラボTOP > 医療費控除でAGA治療費用をもっとお得に

  • AGAについて
  • 早めの対策が克服のカギ
  • 治療方法選びのポイント

AGA治療で医療費控除を適用するには?


治療費は安い方がいいよね…

AGA治療は医療費控除が基本的には適用されないようですが、中にはされる場合があるようです。

どういった場合に適用されて、どういった場合に適用されないのでしょうか?

医療行為であっても認められないものは、美容整形などの美容を目的とするものです。

自由診療(保険適用外で治療費患者側10割負担)の場合は控除出来ないという人がいますが、そうではありません。自由診療であっても治療目的の場合は控除されるようです。

AGA治療が医療費控除されるかどうかは、治療目的と判断されるか、美容目的と判断されるかによるみたいです。

医療費控除とは?

医療費控除とは、1年間で一定の金額以上医療費がかかった場合、その医療費の一部を税金から控除することを言います。

具体的には、家族全員の医療費を合わせて年間の医療費が10万円を超える場合、かかった医療費から10万円(所得が200万円以下の場合、所得の5%)を差し引いた残りの1割が還元されます。

申請方法は確定申告の際に領収書を添付して申請します。

医療費控除計算図

※納めた税金を返金してもらうということなので、控除額以上の税金を納めている人が対象となります。

医療費控除の対象になるものとならないもの

生活する上で必要な「医療行為」

AGAは生命や健康を脅かすほどの疾病ではないので、ここの入れるかどうかの判断は難しいところです。税務署や税務職員によって見解が異なります。

薬事法で定める医薬品

治療薬が医薬品の場合は医療費控除の対象となります。この場合、自由診療であろうとなかろうと関係ありません。治療目的であれば問題ないのです。なので、例えば市販のカゼ薬を買ってカゼを治した場合もその薬代は医療費控除の対象となります。

AGA治療の際に処方されるプロペシアも医薬品ですので、治療目的であると判断されれば医療費控除の対象となります。

医薬品であっても滋養強壮目的のもの

例えば、ビタミン剤などは医薬品としての条件を満たしますが、治療目的ではなく滋養強壮目的の使用であれば、医療費控除の対象となりません。

美容整形などの「自分の美の為の医療行為」

AGA治療が「自分の美の為の医療行為」と判断されてしまうと医療費控除は適用されません。

医療費控除適用の有無は最寄りの税務署に確認しましょう

美容目的と判断されるか、治療と判断されるか…医療費控除が適用されるかどうかの判断は最寄りの税務署、税務職員の判断に委ねられます。最寄りの税務署に問い合わせしてみましょう。

>>AGA治療はAGA専門病院での治療が効果的<<

このページの先頭へ
AGAセルフチェック
AGA遺伝子検査