AGAラボTOP > プロペシアの効果

  • AGAについて
  • 早めの対策が克服のカギ
  • 治療方法選びのポイント

AGA治療に効果的なプロペシア

医療用医薬品(原則、医師の処方箋が必要で、病院や調剤薬局などでのみ入手可能)のプロペシアは、経口タイプのAGA治療薬で、主成分はフィナステリドです。

2005年に万有製薬が厚生労働省から輸入承認を取得し、正式にAGA治療薬として日本で発売され始めました。

本来は前立腺肥大や前立腺ガンの治療薬として開発された医薬品でしたが、副作用として異常発毛がおきたことから発毛剤としての用途が広がりました。

AGA(男性型脱毛症)の進行を遅延させる働きがあるだけなので、服用を止めると再び薄毛が進行します

発毛効果があるかどうかははっきりしておらず、ミノキシジル等、他の育毛剤と併用することによって発毛効果が得られるとも言われています。

プロペシアの効果は人や、その薄毛の症状によって違いますが、3ヶ月〜6ヶ月と言われ、これ以上かかる人もいると言われています。

プロペシアの効果的な使用方法

AGA(男性型脱毛症)治療の際の推奨フィナステリド量は1日1mgと言われています。

プロペシアには1錠あたり1mgのフィナステリドが含有されているので、1日1回経口服用するのがもっとも効果的な使用方法です。

量を増やしても効果は一定で、副作用の危険性が高まるだけなので、使用用量はしっかり守りましょう。

プロペシアの入手方法

プロペシアは病院で処方してもらうか、個人輸入で海外から購入する2つの入手方法があります。

個人輸入で入手する場合は、個人輸入代行業者などを利用するのが一般的ですが、何か問題が起きた場合全て自己責任となるので、あまりオススメしません。どうしても個人輸入で入手したい場合は、信頼出来る個人輸入代行業者を選ぶことが大事です。

プロペシアの料金

病院で処方してもらった場合のプロペシアの料金

病院によって異なりますが、診察料と合わせて1ヶ月約7,500円〜1万5,000円程と言われています。

個人輸入で入手した場合のプロペシアの料金

個人輸入で入手した場合は診察料がかからないのでその分安いと言われていますが、1ヶ月約6,000円〜9,000円プラス送料と言われています。

病院で処方される場合も診察料がかかるのは初診時のみというところも多いので、個人輸入とほとんど料金が変わらないところも多いようです。料金が同じだったら安全性を考え、病院で処方してもらう方が断然オススメです。

>>AGA治療薬を個人輸入で購入する際の注意点

このページの先頭へ
AGAセルフチェック
AGA遺伝子検査