AGAラボTOP > テストステロンの作用とは?

  • AGAについて
  • 早めの対策が克服のカギ
  • 治療方法選びのポイント

テストステロンとは?

テストステロンは、男性ホルモンの一種です。

主に睾丸で分泌され、わずかですが副腎からも分泌されます。女性も男性の20分の1程度卵巣から分泌されます。20代をピークに30歳頃から減少し始めると言われていますが個人差があります。

男性的特長を形成するのに大事な男性ホルモンですが、5αリダクターゼによってAGAの原因とされるジヒドロテストステロン(DHT)に変化すると言われています。

睾丸を摘出することでテストステロンの分泌は止まりますが、身体的にも精神的にも男性的な特徴が失われることになります。

テストステロンの主な作用

  • 筋肉増大
  • たんぱく質同化作用の促進
  • 体毛増加作用
  • やる気促進
  • 快楽増加
  • 鈍痛効果
  • 闘争本能促進
  • 孤独願望促進
  • 男性的肉体形成作用

テストステロン減少の影響

  • 男性としての身体的特徴の衰え
  • 体力減退
  • 精神衰弱
  • 精力、精巣機能力の低下
  • ジヒドロテストステロン(DHT)生産量増加

テストステロンの量は薄毛の直接の原因ではない

テストステロン自体には薄毛化の作用はなく、テステステロンが変化したジヒドロステロン(DHT)が脱毛作用をもたらします。

ジヒドロテストステロン(DHT)が多く生成されるかどうかはAGAの遺伝体質による部分が大きいので、AGAの遺伝要素を持っていない人がテストステロンの量を増やしても、ジヒドロテストステロン(DHT)が増えるわけではないので薄毛が促進されることはないようです。

逆にテストステロンの減少は身体的にも精神的にも悪影響を与える上に、ジヒドロテストステロン(DHT)の生産量を増加させることにつながる可能性があるので注意が必要です。

テストステロンを分泌させるには?

  • 筋力トレーニング
  • 不安定な興奮(闘争や浮気)
  • 危険物、危険な行為
  • 亜鉛の摂取
  • サプリメントの摂取

>>テストステロン増加成分を効率良く摂取出来るサプリメント「ダブルインパクト」

このページの先頭へ
AGAセルフチェック
AGA遺伝子検査